>  >  >  > リップ・クリーム

リップ・クリーム

(リップ・クリーム)

84年3月、元カムズのミノル(b)とナオキ(g)、マル(dr/元あぶらだこ)らで結成。ラフィン・ノーズのチャーミーの<AA>からのコンピレーション盤『Hardcore Unlawful Assembly』が、初の音源発表となる。ヴォーカルに元デッド・コップスのジャジャが入り、84年に2枚の7″EPを出すころには、ドラムスがピルに固まる。その後JICC(現・宝島社)から出た、コンピレーション・カセット・ブックの『Punx』に参加(他にラフィン・ノーズ、ガス、GISM、ウィラード、コブラも収録)。またヘヴィ・メタルとハードコア・パンク合同のコンピレーション『Devil Must Be Driven Out With Devil』にも入る。同時期、英国の<EARACHE>のコンピレーション・ソノシート『Anglican Scrape Attic』にも参加。他に収録されたのはエクスキュート、Concrete Sox、Sacrilege、Hirax。そして1stアルバム『Kill Ugly Pop』を、86年に<CAPTAIN>からリリース。以降コンスタントに、<SELFISH>からアルバム『Nine Shock Terror』『Close To Edge』を発表し、いくつかのコンピレーションに参加。そして89年の『Lip Cream』がラスト・アルバムとなった。
リップ・クリームのハードコア・パンクはドライヴ感たっぷりで、とにかくセンスがよく、世界的に見ても類を見ない。加速していったサウンドはもちろんのこと、年を追うごとにスケールを増し、詞の世界も広がっていった。一時フォロワーが頻出したほどで、いまだに支持は衰えない。そして、常にハイ・テンションだったがフレンドリーでもあったライヴを、リップ・クリームはホント精力的にやったのだ。当時としては珍しく全国ツアーを何度も行ない、オウトなどとの合同ツアーもあった。なお解散後、ミノルはカラード・ライス・メン、ジャジャはジャッジメント、ピルは自己のユニットのオーガリッシュ・オーガニズムなどで活動している。 (行川和彦)

リップ・クリームの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版