>  >  >  > Christine Schafer

Christine Schafer

(クリスティーネ・シェーファー)

95年のザルツブルク音楽祭と96年のグラインドボーン音楽祭にて演じたベルク「ルル」で一躍脚光を浴びるようになった魅惑のソプラノ、シェーファー。NHK-BSで放送されたオペラやコンサートでの彼女は、日本のファンをも魅了した。清々しい美声と奥行きのある表現、リリックからコロラトゥーラまでこなすテクニックの確かさは、レパートリーの幅広さにも繋がっている。
フランクフルト生まれ。オジェー、フィッシャー=ディースカウなどに学び、90年モーツァルト声楽コンクールに入賞。前述した95年ザルツブルク、96年グラインドボーンの両音楽祭で急速にその名を高め、97年ザルツブルクの「後宮からの逃走」でも絶賛される。98年にはベルリン・フィル・ジルベスターに登場、またラトル/ベルリン・フィルともマーラーで共演した。これらに加え、ブーレーズ/小澤/アーノンクールらの指揮者たちが、彼女の声に惚れ込み、次々と共演を行っている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版