>  >  >  > 桑名正博

桑名正博

(クワナマサヒロ)

ブギー/ブルースを基調とした日本語ロックの雄、ファニー・カンパニーのフロント・マンとして活躍後、75年にソロ活動開始。シングル「哀愁トゥナイト」(77年)でじわじわと人気に火がつき始め、某CFソングとして起用された「セクシャルバイオレットNo.1」(79年)の爆発的ヒットにより、歌謡曲/ロック/ディスコ/AORの絶妙なミックス・スタイルで独自のポジションを確固たるものにした。前出のシングル2作は松本隆/筒美京平というゴールデン・コンビによる、都会を起点とした男女の駆け引きを描いたナンバーだが、こういった艶っぽい物語に桑名のハスキーながらも甘い声質、スレンダーなルックス、ロック・テイストあふれるステージ・アクションが実によく似合っていたのである。他にも同路線を踏襲した「サード・レディー」(78年)、「スコーピオン」「The Super Star」(79年)と佳曲は目白押しだ。
以降、自作のレパートリーを強化し、よりブルース/ハード・ロック色を強めた音楽世界を築きつつ、映画/ドラマ/舞台などで役者としても活躍。特に、映画『新 極道の妻たち』における関西弁のヤクザ役などはずっぱまり役といえるのではなかろうか。
実父の会社に社長として就任した後は、経営者とミュージシャンを並走させている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版