> ビートたけし

ビートたけし

(ビートタケシ)

もはや説明不要。ブラック・ユーモアの効いた毒舌で一世を風靡し、今では”世界の北野”と呼ばれる大映画監督である。他にも小説家、画家とヴァーサイタルな才能はとどまることを知らず、音楽活動においても遺憾なく発揮された。
初めてシングル/アルバムを発表したのはツービート時代だが、本格的なソロ歌手活動は80年代に始まった。大沢誉志幸とのコンビで数多くの作品をリリース。特に映画主題歌「哀しい気分でジョーク」は、ロッド・スチュワートをフェイヴァリットに挙げるだけあって、上手くはないがハスキーで味のある歌い回しが沁みるナンバー。ファンの間でも人気が高いようだ。90年代に入ると音楽の方はパッタリになるが、TV番組『北野ファンクラブ』に玉置浩二が主題歌として提供した「嘲笑」は名曲。さまざまな経験を経た、たけしの人生観みたいなものが歌の中に凝縮されていて泣ける。
他にも “トビ木村と足手まといア〜ンドビートたけし”での「修善寺で別れた大宮の女」、トータス松本やユースケ・サンタマリアとの”ぢ・大黒堂”での「友だちじゃないか」など、企画ユニットへの参加が多数ある。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版