>  >  >  > 水戸華之介&3-10Chain

水戸華之介&3-10Chain

(ミトハナノスケ・アンド・スリーテンチェイン)

水戸華之介というのは日本的な情緒やディープな感情を凝縮したリリカルな言葉を操る、詩人の素質も多いにもった人だ。そういうクレバーで繊細な神経をもった人がバンド・ブーム花盛りの頃、アンジーというバンドでレピッシュらと”ポコチン・ロック”なるバカバカしい肩書きを名乗って演ってたことは、ある種、逆噴射(懐かしい言葉だな)的な勢いと多少のシニカルなニュアンスも感じられて格好よかった。
バンド解散後は、たまに再結成ライヴなどもやりつつ、エレカマニアを経て基本的にはソロで活動していた彼だが、やはりバンドの醍醐味を知る人というのは、たまにどうしようもなく”その場所”へと帰って行きたくなるのだろう。——水戸華之介&3-10Chainは、99年にPOTSHOTのライヴにゲスト参加した辺りから稼働し始めたバンドだ。00年にはイベント出演や大槻ケンヂのユニットと対バン・ツアーを行い、ワンマン・ライヴ、アルバム『アドレナリン』リリースと、その活動が本格化し始めた。
メンバーは、01年に入って中山加奈子に代わり森若香織(g&vo)が加入。他はギターの澄田健(Voo Doo Hawaiians)、ベースの内田雄一郎(筋肉少女帯)、ドラムの佐藤みのる(FRICTION)というメンツで、同年夏には2ndアルバムをリリースしている。懐かしのバンド・ブームを思い起こさせるような8ビートの楽曲もアリ。バカバカしい知的遊び心も満載の、一筋縄でいかないニュー・カマー(?)。C-C-Bの大ヒット曲「Romanticが止まらない」のカヴァーにおける、ある意味本当に”胸がくるしくなる”水戸華之介のダミ声系な声質による妙な圧迫感もクセになる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版