>  >  >  > 琴桃川凛

琴桃川凛

(コトガワリン)

謎多き変態ギタリスト(ヴォーカル/ハープ/琵琶も担当)琴桃川凛。とりあえず正体をばらすと、70’s後半〜80’s前半に東京アンダーグラウンド・シーンで活躍したニューウェイヴ・グループ”連続射殺魔”のリーダー和田哲郎である。
琴桃川の音楽は、とにかく掴みどころが無い。TR-808が作り出すチープなリズムをバックに、垂れ流しぎみのヘヴィ・サイケデリックなギター・インプロヴィゼーションをプレイしたり。またある時は、ゴージャスなオーケストラのサンプルと流麗なピアノで構築されるニュージャック・スウィング調のナンバーを披露したり。そこでは、甘〜く切なく、エロティックと言うより”卑猥”なヴォイスも震わせている。——あ、言い忘れてたけど、彼は女装です。しかも超露出度の高いエッチな衣装(ラメ/半裸/股間もっこり/尻丸出し/ハミ毛)で……興奮すると素っ裸になっちゃうことも。
近年は、メイキングラヴを従えたバンド編成でジミ・ヘンドリックスばりの豪放なハードロック・ギターをかまし、エキセントリックな歌声を響かせている。とにかく凛ちゃんの音世界は”変幻自在”で”摩訶不思議”なのよ!!

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版