>  >  >  > 鬼太鼓座

鬼太鼓座

(オンデコザ)

ねじり鉢巻に六尺ふんどしルックで叩く和太鼓——これほど島国ジャパンに生まれた男子の浪漫を喚起させる風景はない。鬼太鼓座(おんでこざ)は69年に結成された和太鼓集団の老舗である。前述したお約束のルックスもさることながら、米国ボストン・マラソン完走後、そのまま舞台に駆け登って大太鼓を叩いたという衝撃的デビューのエピソードからも、大和男児の熱き血潮がビンビンに伝わってくる。そう、彼らにとって”走る”という行為は演奏と切っても切れない関係のもの。”走楽論”なる独自の理論を打ち立て、”全米一周完走公演”や”中国大陸一周完走公演”などでこれを証明。一方で音楽的な越境にも熱心で、これまでに小澤征爾率いるボストン交響楽団やDJとの共演を果たしてきた。伝統に収束することなく、新たな領域に踏み出す心意気は、男としてぜひ見習いたい。まさに日本の至宝である。

鬼太鼓座の関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版