> バンバン

バンバン

(バンバン)

フォーク・グループのバンバンは、71年にデビューして以来、鳴かず飛ばずの状態が続き解散寸前であった。そこでラスト・シングルを当時デビューしたばかりのユーミンこと荒井由実に依頼。出来上がったのが「いちご白書をもう一度」(75年)である。ナイーヴなメロディで切ない恋愛を描いたこの曲はミリオン・セラーを記録。バンバン起死回生の1曲となるだけではなく、70年代を代表する名曲となった。
その後グループは77年まで活動を続け、解散。メンバーのばんばひろふみはソロ・シンガーとなり、「SACHIKO」(79年)をヒットさせている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版