> The Bee Gees

The Bee Gees

(ザ・ビー・ジーズ)

起死回生の方向転換——これによって、グループ寿命が格段に延びた例が、ポップ・シーンには多々ある。勇気の必要な行為ではあるが、ビー・ジーズもこの英断によって、芸能生命を延ばすことに成功したグループである。
UK出身のバリー、ロビン、モーリス(ロビンとモーリスは双子)からなるギブ5兄弟の内の3人(父親はバンド・リーダーのヒュー、母親は歌手のバーバラ)は、美しく哀愁のあるコーラス・ワークを売りにして、イギリスでリリースされたシングル「マサチューセッツ」を大ヒットさせる。これによりビー・ジーズはティーン・ポップ・アイドルに転身。だが、若くしてスターになった3人の間には互いのエゴによる不協和音が絶えず響き渡り、69年、同グループからロビンが脱退することに。普通のグループなら即解散という憂き目を見ようものだが、しかし血の結束力か、71年にロビンは見事にグループ復帰を果たす。
そして、74年作の『ミスター・ナチュラル』では名プロデュサー、アリフ・マーディンを迎え入れ、ブラック・ミュージック・テイストを大胆に導入——見事な方向転換を果たしたのである。
さらに70年代後半になると、折からのディスコ・ブームに乗り製作された映画『サタデー・ナイト・フィーバー』のサウンド・トラックに参加、「ステイン・アライヴ」「恋のナイト・フィーヴァー」を大ヒットさせる。リズムを全面に押し出しながらも、格調高いハーモニーと美メロを同居させたこれらの曲は、トラボルタ症候群に陥った青年たちのハートをわし掴みにし、全世界のダンス・フロアを席巻した。以後もグループの勢いは止まらず、数え切れないほどのヒットを量産。また、他アーティストへの楽曲提供やプロデュースなどでも目覚しい活躍を見せている。
しかし03年1月、53歳という若さでモーリスが急逝。ビー・ジーズの45年もの歴史はその幕を閉ざした。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版