> 尾藤桃子

尾藤桃子

(ビトウモモコ)

“二世タレント”っていうと親の七光り的イメージが強いので、あまりいい印象を受ける人はいないかもしれない。しかし、尾藤イサオの娘である、この尾藤桃子はそんなネガティヴ要素など吹き飛ばしてしまうくらいパワーに溢れた歌声を響かせる。
デビュー・シングル「Ru Tu True」(98年)、続く「赤然たる心で〜Absolute Red」(99年)では押しの強いロックを展開。だが、「Party」(00年)以降の一連のシングルで、R&Bあるいはガラージュといったクラブ・サウンドへ方向転換を遂げた。——ただ一貫して言えるのは、いずれの楽曲でもリスナーを圧倒するほどにエネルギッシュなヴォーカルを披露しているということだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版