>  >  >  > 横須賀サーベルタイガー

横須賀サーベルタイガー

(ヨコスカ・サーベルタイガー)

いきなり私事で恐縮だが、ボクの自慢の1つは、hideが在籍した横須賀サーベルタイガー(当時は冠に横須賀は付かなかった)のライヴを見たことである。場所は横須賀の市民ホール(だったと思う)で、いくつかのバンドが出演するフェスティヴァル形式のものだった。トリを飾るのは、もちろん横須賀サーベルタイガー。まず驚いたのは、メンバーのルックス……。今ならヴィジュアル系といって通りそうだが、15年以上も前である。メンバー全員が派手な化粧をし、ケバい衣装で着飾った姿は、ロック童貞のいたいけな少年には、ちと刺激が強すぎた。そして何より演奏が始まってから驚いたのは、中心メンバーhideのエキセントリックなステージング。あらぬ方向を見つめたり、金髪頭を振りながら一心不乱にギターを弾く姿は鬼気迫るものがあった。
80年代中頃より活動を開始した横須賀サーベルタイガーは、ツイン・リードを軸とするヘヴィ・メタル・バンドだった。録音物として発表されたのは「Double Cross/Gold Digger」のソノシートのみ(オムニバス参加はあり)だが、カルトチックなステージ・パフォーマンスは当時旺盛を極めたジャパ・メタ・シーンでもかなりの話題を呼んだ。

横須賀サーベルタイガーの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版