>  >  >  > 瀬川瑛子

瀬川瑛子

(セガワエイコ)

演歌歌手の枠を飛び越えCMやヴァラエティ番組でも大活躍、最近では51歳にしてミニのウエディングドレス姿で結婚式をあげるという暴挙(?)を成し遂げた瀬川瑛子。ヨークシャテリアを4匹も連れて歩くようなマダム風情の派手な外見とは裏腹に、酸いも甘いも舐めてきた苦労人だ。
歌手である父、瀬川伸に幼い頃より英才教育を受け、67年に18歳でデビュー。3年目に「長崎の夜はむらさき」がヒットとなるものの、鳴かず飛ばずの時代は長く続いた。その間、流した涙は星の数ほど、歌手を辞めようと考えた夜もあったかと思う。——そんな彼女の地道な活動が結実したのが「命くれない」(87年)の大ヒットではなかろうか。女の男に対する痛々しいまでの情念を歌った曲だが、ここに出てくる“あなた”とは、瀬川にとって“歌”のことではないかと深読みしたくなるほど感情がほとばしっている。
以降、トップ・スターとして君臨し続けている彼女は、ある意味ジャパニーズ・ドリームの体現者といえるだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版