>  >  >  > 山田耕筰

山田耕筰

(ヤマダコウサク)

日本初の、世界的水準に立つ作曲家。交響曲や交響詩、近代声楽曲やオペラを日本人として初めて作曲し、欧米にも高く評価されている。作品は後期ロマン派風の書法で書かれており、作品数は極めて多い。「この道」「からたちの花」など、美しい旋律を持った歌曲は教科書にも登場しているため、一般にも馴染みが深く、また指導者としても、日本の楽壇の向上に多大に貢献した。
1908年東京音楽学校声楽家を卒業。ベルリン音楽大学に留学し、ブルッフやヴォルフに師事する。14年に帰国し、演奏会を開いて自作の交響曲を披露。翌年にそのメンバーで東京フィルハーモニー交響楽団を創設させ、日本の交響楽運動の基礎を築いた。その後25年には、現在のNHK交響楽団の前身である日本交響楽協会も設立。また、日本楽劇協会を組織し、オペラ運動も行った。
ヨーロッパ、アメリカ、ソヴィエトなどで自作の指揮を行うなど活発な活動を続け、その功績に対して、日本の文化勲章はもとよりフランスからもレジョン・ド・ヌール勲章を与えられている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版