> THE STREET SLIDERS

THE STREET SLIDERS

(ザ・ストリート・スライダーズ)

いわゆる“つっぱりモノ”ではない、正真正銘のロックンロールを日本で最初にオーヴァー・グラウンドでブチかました国宝級バンド、ストリート・スライダーズ。日和りまくりのジャパニーズ・ポップ・シーンにおいて、彼らほど自らの姿勢(ロック魂)を貫き通したアーティストがいただろうか。ゆえに00年の解散劇は非常に残念であった。
ローリング・ストーンズへのオマージュを高らかに宣言するバンドは日本中に数多くいる。しかし、そのほとんどがフェイクだ。ヘタレな歌謡曲と融合してみたり、胡散臭い80’sな文脈で鳴らしてみたり、訳もわからずリスペクトしてみたりと……。
その点、スライダーズの鳴らす音は、もうかなり首尾一貫していた。2本のギターがめちゃくちゃスリリングに絡む様、ハリーのR&Bフレイヴァーに富んだ泥臭く無骨なヴォーカル・スタイル、シンプルだが着実にグルーヴを生み出すリズム隊……。どこから、どう聴いてもストーンズなのだ。で、やはりそこがカッコいい。そのまったく迷いがない骨太サウンドに、本物のロックを希求する音楽リスナーは心から酔いしれたのであった。日本のロックの歴史においてこれほどまでストーンズのウネリを具現化したバンドは、村八分と彼らぐらいであろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版