>  >  >  > 樫本大進

樫本大進

(カシモトダイシン)

豊かな表情、若々しい響き、作品の奥底を鋭く見抜く感性……どれをとっても、ヴァイオリン界の次代を担う大器であるとしか言いようがない。その名前の通り、堂々と音楽界を突き進むDAISHIN。彼がどこへ行くのか、聴衆である私たちは、目が離せない。
79年ロンドンに生まれた彼は、3歳からヴァイオリンを始め、7歳でジュリアード音楽院プレ・カレッジに入学した。その後、レーピンやヴェンゲーロフを育てたブロン教授に招かれ、ドイツのリューベックに渡る。リューベック音楽院を経て、現在はフライブルク音楽院に学んでいる。数々のコンクールで優勝・入賞を果たした後、96年のフリッツ・クライスラー国際音楽コンクールとロン=ティボー国際音楽コンクールで優勝、一躍その名を知られるようになった。この若さにして、ヨーロッパを中心にコンサート活動を精力的に展開しており、既に、バイエルン放送交響楽団/ケルン放送交響楽団/ボストン交響楽団などのメジャー・オーケストラ、マゼール/小澤/メニューインといった著名指揮者との共演も数多く行っている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版