>  >  >  > The Knackの情報

The Knackの情報

(ザ・ナック)

「マ〜イ・シャロ〜ナ♪」——このフレーズ一発で、全米チャートを制覇してしまったナック。79年『ゲット・ザ・ナック』でデビューを果たし、ビートルズからの影響を脳天気なほどあからさまにしたサウンドで、たちまちシーンを席巻した。ださくもサマになっているヴォーカル、ヘタウマ紙一重なギター、心地好くハネるリズム——がむしゃら感が微笑ましいバンド・イメージを確立。しかし、"パワーポップの教科書"とも呼べるアルバム内容(とくにメロディ・メイキング)を誇っていたにも拘らず、「マイ・シャローナ」だけがクローズ・アップされることに……。移り気なリスナーはすぐさま鞍替えしてしまい、彼らは"一発屋"として名を残し、シーンから去った。
91年にはプロデューサーにドン・ウォズを迎え復活を試みる——惨敗。やはり、ナックは過去のものであると誰もが認識した。が、突如98年に再び始動。ドラムにテリー・ボジオが参加したことや、パワーポップの価値が高まった時代の追い風にも乗り、高評価を獲得する。彼らにとっては19年越しでようやく手に入れた正当な評価であったに違いない。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版