>  >  >  > 浅田美代子

浅田美代子

(アサダミヨコ)

その”天然ボケ”ぶりは、ヴァラエティなどでは欠かせない存在。若い世代には「おもろいオバさんやなぁ〜」ぐらいの認識しかないだろうが、我々30代〜40代の人間にとっては、いまだに醸し出す妙な色気が気になる……。それもそのはず、70年代にはスーパー・コケティッシュ・エンジェルとして君臨していたアイドルだったのだ。
ドラマ『時間ですよ』でデビューして以来、”少女らしい可憐さと大人のエロさ”という相反する要素を同居させ、世の殿方を悩殺。また、歌手としても1stシングル「赤い風船」で、筒美京平先生の珠玉のメロディを危い音程でバラバラに解体してみせ、”アイドル=歌が下手でよい”という黄金律を世に浸透させた功績は余りにデカい。その後、あの吉田拓郎と結婚。ファンを悲嘆に暮れさせたが、離婚とともに芸能界へ復帰し、現在に至る。——でも個人的には、『釣りバカ日誌』の”みち子さん”は、やっぱ石田エリなんだよなぁ……。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版