> パープル・シャドウズ

パープル・シャドウズ

(パープル・シャドウズ)

68年、GSブームが下火の中「都会的で高級感漂う4人組GSグループ」として打ち出されたパープル・シャドウズ。元々は、65年に結成されたハワイアン・バンド「ザ・バーズ」が前身で、66年に「パープル・シャドウズ」と改名してから、都内の歌声喫茶や居酒屋などを熱心に巡業。血も涙もにじんだであろう努力の結果、シングル「小さなスナック」はオリコン第2位のヒットを記録した。だがその後「別れても好きな人」を発表したのちに自然消滅……。
ルックスは「カッチリ、偉そうに」がモットーのGS風だが、実際は爽やかなハーモニーを聴かせるムード・コーラス・グループというところがミソ。また、随所で聴けるリーダー・今井久のペケペケギター・プレイは、シャドウズやスプートニクスといったインスト・サーフ陣に影響されたものである。その今井は現在、ハワイアン・バンド「今井とパープルアイランダーズ」を引き連れて現在も活動を続けている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版