>  >  >  > Hi-Posi

Hi-Posi

(ハイ・ポジ)

限りない無垢への憧れ——もりばやしみほの歌には、不思議と女性の匂いがしない。恋愛セックス・ソングが多いのは確かだが、嫉妬や欲望といった下卑な部分が見えてこないのだ。それは、彼女の声がもつ幼児性のせいではないだろうか。
もともと4人組で出発したHi-Posiは、91年にメジャー・デビューを果たし、先鋭的なポップ集団として注目を集める。が、2枚のミニ・アルバムを残してインディーズへ……。JAGATARA、ボ・ガンボスなどのナンバーを取り上げたカヴァー・ソング集『カバのオツム』(94年)や、ワールド・ミュージックを視野に入れた『身体と歌だけの関係』をリリース。そして95年、再びメジャーに返り咲き。もりばやしみほと近藤研二による2人組ユニットとして新しくスタートし、この頃より怒涛のリリース・ラッシュが始まる。なかでも、「ジュンスイムクノテクニシャン」(97年)では小山田圭吾を、「最悪の日々」(97年)では川辺ヒロシ(TOKYO No.1 SOUL SET)をそれぞれアレンジャーに迎え、さらに、小宮山雄飛(ホフディラン)との共作「口笛吹くのはもうやめた」(99年)を披露——これらのコラボレート作品は、Hi-Posiの知名度や人気を一気に引き上げた。
しかし、99年に近藤が脱退。00年に発表されたアルバム『性善説』は、もりばやしのソロ的な作品となる。キャッチーなメロディをもつテクノ・サウンドを展開し、ねじれたポップ・ワールドの健在ぶりを見せつけた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版