> DiG A HOLE

DiG A HOLE

(ディグ・ア・ホール)

結成当初は、ニルヴァーナやスマッシング・パンプキンズといったUSオルタナティヴからの影響をダイレクトに反映させていたDiG A HOLE。オーヴァー・ドライヴするギター、低音の大波を打ちつけるベース、地響きをたてるドラム——そのすべてを最大限に活かしきったバンド・アンサンブルはマッシヴなものである。99年にリリースされた「THE COST OF DIGGING EP」では、パンク/ハードコアの破壊力&瞬発力を抽出、スピード感みなぎるヘヴィ・グルーヴを新たに呈示してみせた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版