>  >  >  > 寺内タケシとブルー・ジーンズ

寺内タケシとブルー・ジーンズ

(テラウチタケシトブルー・ジーンズ)

エレキ・ギターを弾く者は全員、この人に足を向けて寝れないだろう。世界で初めてエレキ・ギターを発明し(この時なんと9才)、以来”エレキ”と共に歩み続けて半世紀。いまだ現役バリバリに活動し続ける巨人、寺内タケシ。
大学在学中よりプロ活動を始め、63年に寺内タケシとブルー・ジーンズを結成。全国的なエレキ・ブームを追い風に、超絶テクニックでその名を知らしめる。そしてサーフ/ロックンロール/ポップス/クラシック/民謡……など、世界中の音楽を編曲し、自らのサウンドに取り込んだ作品を次々と発表した。これまでに録音したナンバーは7000曲以上。不良の楽器と言われた”エレキ”を老若男女に普及させた功績は、あまりに大きいと言わざるを得ないだろう。まさに”エレキの神様”である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版