>  >  >  > 和田弘とマヒナスターズ

和田弘とマヒナスターズ

(ワダヒロシトマヒナスターズ)

今となっては”ムード歌謡”の創始者として有名だが、もともとはスティール・ギタリスト和田弘を中心に、ハワイアン・バンドとしてキャリアを歩み始めたマヒナスターズ。57年にデビューし、当時人気のあった都会派歌謡にジャズやハワイアンの要素をミックスした新しい歌謡曲の型を呈示。「お百度こいさん」(60年)をヒットさせる。そして翌年には民謡をモチーフにした「北上夜曲」、63年には奄美大島出身の渡久地政信が作曲した「島のブルース」などがヒットし、土着的な楽曲を洗練された形で再構築することに手腕を発揮する。
一方で新進の女性歌手、松尾和子と組んだ「誰よりも君を愛す」をヒットさせ、以降、田代美代子や吉永小百合らとタッグを組んだデュエット・ソングで一世を風靡した。
ちなみにメンバーの三原さと志は、コーネリアスこと小山田圭吾の父である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版