> プラスチックス

プラスチックス

(プラスチックス)

グラフィック・デザイナーの立花ハジメ(g)、イラストレーターの中西俊夫(vo&g)、スタイリストの佐藤チカ(vo)を中心に76年、プラスチックスは結成される。その当時は内輪ノリのいわゆるギョーカイ・パーティー・バンドであったが、佐久間正英(key/ex.四人囃子)の加入により、先鋭的かつ音楽的なグループへと変貌を遂げていく。そしてニューウェイヴ/パンク/テクノ・ポップなど、70年代末の米英最先端音楽を存分に反映させたサウンドをライヴハウスを拠点に展開し、東京在住のセレブリティを中心に大きな反響を呼んだ。
79年にはUK名門レーベル<ラフ・トレード>より、シングル「ロボット/コピー」をリリース、英米のコア・リスナーの間でも大注目の存在となっていく。そんな盛り上がりのなか80年、1stアルバム『ウェルカム・プラスチックス』を発表。チープでキャッチーでありながらもスタイリッシュな味わいのテクノ・ポップ作となった(なかでも一曲目「トップ・シークレット・マン」はもの凄い名曲。何が何でも聴いたほうがいい)。同年には、アメリカ・ツアーも敢行。B-52’sやラモーンズと共演するなど大きな成功を収めた。その後もワールドワイドな活動を展開していくが、81年に解散。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版