>  >  >  > Scott Murphy

Scott Murphy

(スコット・マーフィー)

ある日ふと街で耳にした槇原敬之「どんなときも。」のカヴァーが頭の中から消えなくて困った。「どんーなときもー、どんーなときもー」……アクセントが違う! 日本人じゃない!? そう思っていたら、しばらくしてご本人をあろうことかTVK『saku saku』で見つけることに。
歌っていたのは、日本を愛し、J-POPをこよなく愛する男、スコット・マーフィー。シカゴのポップ・パンク・バンド、アリスターのメンバーとして来日した際に日本愛に目覚めた彼は日本語を独学で習得。06年にアリスター名義で初の日本語カヴァー・アルバム『Guilty Pleasures』を発表した。JR東日本の発車メロディから森山直太朗「桜」まで、幅広い楽曲をピュアなパンク・サウンドでカヴァーし日本人の度肝を抜いたが、翌年来日しELLEGARDENとツアーを決行、全国33カ所を回ったのも記憶に新しい。だがアリスターはこのツアー直後に解散。ソロ活動を始めた彼は立て続けにカヴァー・アルバム『Guilty Pleasures II』『Guilty Pleasures 3』をリリースした。流暢な日本語で綴るブログも好評で、マーティ・フリードマンに続く“J-POPをこよなく愛する外国人ミュージシャン”としてすっかりお馴染みとなっている。

Scott Murphyの記事
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版