> John Lennon & Yoko Ono

John Lennon & Yoko Ono

(ジョン・レノン・アンド・ヨーコ・オノ)

シド・ヴィシャス&ナンシー・スパンゲン、カート・コバーン&コートニー・ラヴなど、ロック界で話題を振り撒いたカップルは数あれど、ジョン・レノン&ヨーコ・オノほど2人が1つの人格のよう行動し、表裏一体に創作活動をしたパートナーはいないだろう。
ビートル・マニアにはヨーコを毛嫌いする人も多いが、ヨーコに出会ったことにより、ジョンがビートルズの呪縛から解放され、芸術的価値観を根底から覆されたのは確か。だからこそヨーコの存在を理解せずにジョンの本質に迫ることはできないし、その作品の意味するところもわからない。
2人のオール・ヌードのジャケ写が物議を醸し出した『未完成』シリーズや『ウェディング・アルバム』など自分たちの私生活をもアートとして昇華した前衛的な作品から、『サムタイムス・イン・ニューヨーク・シティ』や『ダブル・ファンタジー』など2人が仲良く交互に楽曲を披露するようなアルバムまで、ジョン&ヨーコ名義の作品はもちろん、何枚かを除いてのジョンやヨーコのソロ・アルバムも2人の作品と考えてもいい。
12月のあの日に終わってしまった2人のパートナーシップだが、公私にまたがる関係をここまで赤裸々にした音楽は後にも先にもない。そんな正直さが”ロック”なのであり、いまだ世界中の人々の心を捉えて離さない鮮度を保っている秘訣といえるのではないだろうか。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版