>  >  >  > Stephen Malkmus

Stephen Malkmus

(スティーヴ・マルクマス)

ペイヴメント解散!! 10年の長きに渡りUSインディ・ロックの頂点に君臨し続けたかのバンドが、前触れもなくその活動に終止符を打ったことはシーンに少なからず衝撃を与えた。不仲だとか、セールス不振だとかいった具体的要素が見えないだけに、”藪から棒”状態の日々が続いていたのだが……。しかし中心人物スティーヴ・マルクマスは即座にソロ活動を開始。というか、とりわけスティーヴのバンドに対する情熱が消えうせたことが解散の大きな要因だったようなのだ。
01年に入り早速到着したソロ・デビュー・アルバム『Stephen Malkmus』。ペイヴメント時代からの脱力ヴォーカルは健在——ただソロ作ということもあってか、ひねくれ具合は停滞し、非常にストレートでキャッチーなメロディを爪弾いているのが印象的だ。そして、なんとも秀逸なのがやはりギター・サウンドのアンサンブル。一つ一つの音を昇りつめていくように積み上げる彼の構築法には、ローファイの可能性を最大限にまで推し広げる力量がある。——くぅ〜っ、流石だ!

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版