>  >  >  > X

X

(エックス)

Xはアングラ・パンク・ロックの他に、ルーツ・ミュージック、フォーク、そしてアメリカーナ・ミュージックなどといったジャンルの復興ムーヴメントに強烈なインパクトを与えた。また同様に重要な点として、彼らはインディペンデント・レーベルというものを一般的に知らしめた存在でもあった(彼らはどこからともなく登場して、10万枚ものアルバムを売ったのだ)。彼らは70年代後半のアメリカのパンク・バンドたちから一歩抜きんでた存在であり、その生々しいエネルギー、ビートニクス風の歌詞、絡み合うヴォーカルのハーモニー、そしてロカビリー界のベテラン、ビリー・ズームによる鋸のような鋭いギターで知られるようになった。この多様性と、ジョン・ドウとエクシーン・サーベンコヴァの2人から途切れることなく供給される良い楽曲が、成功への鍵だった。彼らは結局メジャー・レーベルが期待するような成功を収めることはなく、最初の3枚の重要なアルバム以降はピントはずれの作品しか発表しなかった。80年代後半に解散したが、時おり再結成を果たし、まったく新しい世代のファンの前でその音楽を披露している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版