> Belle and Sebastian

Belle and Sebastian

(ベル・アンド・セバスチャン)

ベル・アンド・セバスチャンという「存在」が音楽シーンに投げかけたもの——マスコミを一切拒否したり、ライヴ活動をほとんど行わなかったり……といった単なる頑固者だと罵られてもおかしくないほどのマイ・ペースぶり。自らが主催したイベント、「ボウリー・ウィークエンダー」での頑ななまでのDIY精神——などなど、例を挙げたら切りがない仙人チックなその活動遍歴。けれど、シーンを、ひいてはリスナーを掴んで離さない魅力……それはいったいどこからくるのだろうか。———その命題はやはり彼らの音楽性に帰着する。静かに爪弾かれるアコースティックの調べ、優しく体を包み込むがごとく鳴らされるピアノ、荘厳なまでに囁かれるヴォーカル。それらすべてのファクターが織り成す珠玉の楽曲から感じられるのは、音楽本来の「美しさ」なのである。そこには余計な疑念や欺瞞はなく、自然な表現手段としての音楽のみが繰り広げられているのだ。——彼らの落とした一粒の涙は、じんわりと聴く者の心に染み込んでくる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版