>  >  >  > Nitty Gritty Dirt Band

Nitty Gritty Dirt Band

(ニッティー・グリッティー・ダート・バンド)

デビュー前のジャクソン・ブラウンが一時在籍していたことでも有名だが、5人の芸達者なミュージシャンが繰り広げるカントリー/ジャグ/ロックン・ロール/ケイジャンまでをも呑み込んだサウンドは圧巻の一言。フライング・ブリトウ・ブラザーズと共にカントリーをポップ・フィールドにもち込んだ功績は、余りにも大きいといえるだろう。
70年に発表された『アンクル・チャーリーと愛犬テディ』は、同時代のシンガー・ソングライターやカントリー・クラシックを取り上げ、過去と現在をつなぐネクスト・レベルへ向かうヴェクトルを示した傑作となった。続く72年の『永遠の絆』は、マール・トラヴィスやドック・ワトソンといったカントリー界の大御所たちを迎え、2世代共演を果たしたカントリー版ファーザー&サン——または、マウンテン・ミュージックとカントリー・ロックの幸せな結婚とでもいうべき作品で、ロックとカントリー両ジャンルにまたがって現在も絶大な影響力を誇る。
また、80年代以降はカントリー・フィールドで活動を続けている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版