>  >  >  > Charlie Watts

Charlie Watts

(チャーリー・ワッツ)

今さら何の説明の必要もない、ローリング・ストーンズのドラマー。デビュー直前にストーンズに加入、現在までミック、キースとともにオリジナル・メンバーとして活動中である。
バンドでは派手な話題はフロントの二人に任せる一方で、実は課外活動にはなかなかマメで、自身のリーダー・アルバムはすでに6枚もリリースしているのだから、隅に置けない。元々ジャズ指向の彼らしく、86年の初のソロ・アルバムはフルハム・タウン・ホールに総勢30名にもおよぶビッグ・バンドを率いてのライヴ・アルバム。00年には、有名セッション・ドラマーであるジム・ケルトナーと共同で、リスペクトするジャズ・ドラマーへのトリビュート盤も制作するなど、ジャズへのストレートな愛情を見せている。
01年秋には”チャーリー・ワッツ・テンテット”を率いて来日公演を行なうなど、今や本家ストーンズ以上に活発なチャーリーである。(小池清彦)

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版