> Bruce Roberts

Bruce Roberts

(ブルース・ロバーツ)

“第2のバート・バカラック”と呼ばれるほど、ブルース・ロバーツが生み出すメロディは洗練されており美しい。実際、バート・バカラック&キャロル・ベイヤー・セイガー夫妻(91年離婚)と3人でコラボレイトした楽曲も少なくはないし、自身の名をタイトルに掲げた77年のデビュー・アルバムでも、セイガーと6曲共作を果たしている。
そんなロバーツの初リーダー作は、優しさに満ちあふれた内容だ。温かく包み込むようなヴォーカル、ドラマティックあるいはポップに響くメロディ、シックな雰囲気を醸し出すサウンド——そのすべてが叙情的である。なかでも、ピアノやストリングスを導入した壮大なバラード・ナンバーは素晴らしいかぎりだ。また、ロバーツ本人の力量はもちろんのこと、デヴィッド・フォスター/ジェフ・ポーカロ/ロン・カーターなど多くのゲスト・ミュージシャンの支えがあってこそ、AOR史上に残る名盤と成り得たことも忘れてはならないだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版