>  >  >  > Hammie Nixon

Hammie Nixon

(ハミー・ニクソン)

スリーピー・ジョン・エステスの相棒として有名なハーピスト。エステスと同郷のブラウンズヴィルに生まれ育ち、12才の時に出会って以来50年間コンビを組み続けたというから驚く。また、そのニュアンス豊かなプレイは他のブルース・マンの間でも引っ張りダコになり、ブラウンズヴィル・ブルース・サークルの重要な一端を担った。そしてニクソンのハープ・スタイルはサニー・ボーイ・ウィリアムソンに影響を与え、間接的にリトル・ウォルターに代表されるシカゴ・ブルースにまで連綿と受け継がれることになる。
リーダー・アルバムは、84年にリリースされた『Tappin’ That Thing』1枚のみ。このアルバムのリリース直後に他界した。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版