>  >  >  > Men Of Vizion

Men Of Vizion

(メン・オブ・ヴィジョン)

帝王テディ・ライリーの秘蔵っ子として登場。デビュー作の『Personal』(96年)は、テディのプロデュースに、マイケル・ジャクソンの<MJJレーベル>からリリースされるという至れり尽せりにお膳立てされたもの。しかし、グループのポテンシャルも恵まれすぎの環境に充分応えるもので、ダイナミックなヴォーカル・ワークからは高い実力がうかがえた。そして、メンバーを大幅に入れ替えて臨んだ2作目『MVO』で、その魅力が大きく開花する。特に注目すべきは、プロデュース/ソングライティング/ヴォーカルといったマルチなタレントを発揮するオリジナル・メンバー、スパンキーの活躍。さまざまな外部プロデューサーを起用する制作手法も吉と出、多彩なヴォーカリゼーションの妙が堪能できる傑作アルバムに仕上がった。この作品でテディの呪縛を逃れ、メン・オブ・ヴィジョンは1個のグループとして歩み始めたといってもいい。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版