> David Lasley

David Lasley

(デヴィッド・ラズリー)

三大テノールならぬ白人三大ファルセットといえば、ロバート・ジョン、レオ・セイヤー、そしてこのデヴィッド・ラズリーだろう。
生まれも育ちもモーターシティ、デトロイト。ティーンの頃より、モータウンのスターたちが夜な夜な饗宴を繰り広げたクラブ”トゥエンティ・グランド”で前座を務めていたらしい。であるからして、そのR&B感覚は本物。バック・コーラスとしてジェイムス・テイラーやドナ・サマー、シスター・スレッジなどの録音に参加するが、そのソウル・フィーリングを買われてのことだろう。と同時に、ソングライターとしてもボズ・スキャッグス/ボニー・レイット/アレサ・フランクリン/アニタ・ベイカーといったクロい白人もしくは黒人に楽曲を提供し、売れっ子に……。
ソロ・アーティストとしては、70年代にロージーというコーラス・グループで活動した後、82年に『風のファルセット(Missin’ Twenty Grand)』でデビュー。デトロイト時代の追憶を綴ったこのアルバムで、エディ・ケンドリックスを彷彿とさせる官能のファルセット・ヴォイスが堪能できる。その後も、気が向いた時、というスタンスで作品を発表。どれも洗練された都会派ブルー・アイド・ソウルな作品に仕上がっていて、心地よい。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版