>  >  >  > Ecstasy, Passion & Pain

Ecstasy, Passion & Pain

(エクスタシー・パッション・アンド・ペイン)

恍惚/情熱/苦痛という人生の三大要素(?)をそのままグループ名に冠してしまった6人組。メイン・ソングライターであり、ゴスペル上がりの女性シンガー、バーバラ・ロイ(リード・ギターもこなす!)を中心に、それぞれのメンバーは、コーラスはもちろん、楽器もこなすのだが、フィリー・ソウル名盤の1枚に数えられる『Ecstasy, Passion & Pain』(74年)では、ボビー・マーティン率いるM.F.S.B.がバックを担当。一見、バーバラの泥臭い歌唱は流麗なフィリー・サウンドとミスマッチを思わせるが、なかなかどうして、ダンサーに、スローに、抜群の相性をみせる。「Ask Me」や「I Wouldn’t Give You Up」といったナンバーがヒットを記録した。
また、同時期に録音された「Touch and Go」は、ハウスのリズム・パターンの雛型になったと言われている。

Ecstasy, Passion & Painの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版