>  >  >  > Raphael Saadiq

Raphael Saadiq

(ラファエル・サディーク)

かつて一世を風靡したR&Bグループ=トニ・トニ・トニの1/3、“ネオ・ソウル男”ことラファエル・サディーク。95年頃からソロ・キャリアを積むことになった彼は、当然のごとくスムーズかつ理知的な曲趣を特色とするネオ・ソウルへと自身の音楽性を傾けていく。またソロ活動と並行して、00年頃にはアリ・シャヒード(元トライブ・コールド・クエスト)&ドーン・ロビンソン(アン・ヴォーグ)とともにネオ・ソウル・オリエンテッドなグループ=ルーシー・パールを結成。「Q・ティップらを交えてルーシー・パールが新生されるらしい!」という噂がシーンを少しだけ揺らしている(震度2ほど)05年現在までに、唯一のアルバム『ルーシー・パール』も発表している。もちろん、『インスタント・ヴィンテージ』(02年)と『レイ・レイ』(04年)という2枚のオリジナル・ソロ・アルバムも、ファンの涙とヨダレと失禁を誘う素晴らしい名作品に仕上げている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版