>  >  >  > R-Tyme

R-Tyme

(アール・タイム)

デトロイトのクラブ<Music Institude>においてレギュラーDJを務めていたダリル・ウィンによるプロジェクト。
R-Tymeは<Transmat>レーベルよりデリック・メイとの共作「Illusion」(89年)を発表する。パーカッシヴなリズムと感傷的な泣きメロディが絡み合う、震え上がるほどに壮麗なトラックを創造——この一枚で彼は伝説の人と化す。その後<Trance Fusion>から、スピリチュアルな女性ヴォーカルをフィーチャーしたガラージ・ハウス「Use Me」(93年)をリリース。98年、ケヴィン・サンダーソンのE-Dancer名義による「Move」のリミックスも手掛けた。
そして彼は、日本にやって来た初のデトロイト・テクノ・アーティストとしても知られている。97年夏には再来日を果たし、巨体を揺らしながら底抜けにファンキーなDJプレイを披露。あまりにも寡作なために忘れられがちだが、シーンを陰から支え続けてきた重要人物だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版