> The Pahinui Brothers

The Pahinui Brothers

(ザ・パヒヌイ・ブラザーズ)

ハワイアン・ミュージックの御大ギャビー・パヒヌイを父親にもつ”ザ・パヒヌイ・ブラザーズ”の三兄弟。スラック・キー・ギターの素晴らしい伝統と、新しい技術を取り込む奇抜な発想力を父親から受け継ぎ、アイランド・ミュージックにソウル/カントリー/レゲエといった現代音楽の要素を取り込むことに成功している。また、ギター/ウクレレ/スティール・ギター/ベースなどなど……多種多様な弦楽器を巧みに操ることから”ストリング・バンド”と称され、ハワイ出身の若いバンドであるHo’oppii Brothersやサム・バーナード・トリオらに多大な影響を与えたことでも名高い。
75年、父ギャビー・パヒヌイがライ・クーダーとレコーディングした『Gabby Pahinui Hawaiian Band Volume One』に参加するなど、3人兄弟のうち、シリルとブラは早い段階から音楽に携わっていたが、父親の死を機に音楽から一切手を引いてしまう。——しかし89年、母親エミリーに勧められ、スラック・キー・ギター・コレクションのレコーディングを決意。父親の死後、兄弟でレコーディングをしたのはこれが初めてであった。
この際、初期の活動を段取りしたのは、他でもないライ・クーダー(!)だったという。彼は当時警察官として働いていたブラに休暇をとるように説得し、次男・シリルと三男・マーティンも同じように勧誘。ここで初めて3兄弟が揃い、ジョン・レノンの「ジェラス・ガイ」や伝統的なハワイの歌をレコーディングしたのである。
現在でも同様に新旧ポップス作品を織り交ぜながら、マイペースで音楽活動を続け、ハワイアン・ミュージック・シーンで確固たる地位を築いている。

The Pahinui Brothersの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版