>  >  >  > New Power Generationの情報

New Power Generationの情報

(ニュー・パワー・ジェネレーション)

80年代の“レヴォリューション”の後を継いで、90年代にプリンスをサポートしたバック・バンド。よりファンクなサウンドを志向するため、メンバーを殿下自身によってピックされた精鋭バンドである。そんな彼らの初お披露目は、殿下の91年作『ダイアモンズ・アンド・パールズ』。以降96年の『イマンシペーション』まで、6枚ものアルバムで殿下のバック・アップを任された。
その一方、グループの単独名義でも3枚のアルバムを発表。だが、どの作品にも殿下が関わっており、それはジェイムズ・ブラウンとJBズの関係を彷彿させるものだ。それらのなかでも95年『エクソダス』は、よりバンド志向の強いハードコア・ファンク&ソウル・サウンドを聴くことができる名盤だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版