>  >  >  > Hurricane #1

Hurricane #1

(ハリケーンナンバーワン)

UKロック界の重鎮アンディ・ベル(g/ex.ライド)を擁しながらも、元ボクサーであるアレックス・ロウ(vo)の喧嘩腰でシリアスなキャラの方が立っていた感のあるハリケーン#1。97年に<クリエイション>レーベルのアラン・マッギー協力のもとベルを中心に結成、同年1stアルバム『ハリケーン#1』をリリース。オアシス・フォロワー的なロック・ダイナミズム全開の曲を、疾走感あふれる直球ギター・サウンドとノーガード戦法さながらのアグレッシヴなヴォーカルで繰り広げ、人気を博す。その、豪快な音世界でありながら切ないメロディも同時に内包するスタイルは、綿々と受け継がれるUKロックの醍醐味といえよう。
99年には2ndアルバム『オンリー・ザ・ストロンゲスト・ウィル・サヴァイヴ』をリリースするも、ベルのオアシス加入(しかもベーシストとして!)により解散——ロウはソロ活動を開始し、00年、アルバム『ドリームキャッチャー』を発表する。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版