>  >  >  > Kid Rock

Kid Rock

(キッド・ロック)

88年より音楽活動を開始したキッド・ロックは、アルバム『グリッツ・サンドウィッチズ・アンド・ブレイクファースト』(90年)でデビュー。間もなくアイス・キューブ、トゥ・ショートらと共に全米20都市を巡るツアーを敢行し、その激烈なパフォーマンスで確実に知名度を上げていった。
また、93年に2ndアルバム『ザ・ポリフューズ・メニュー』と『ファイヤー・イット・アップEP』を発表後、自身のレーベル<TOP DOG>を設立。この頃より、ヘビィ・メタルとハードコア・ラップをゴチャゴチャと混ぜ込んだサウンドを堂々と披露していく。さらに、それと同時期に現在のバック・バンド、トゥイスティッド・ブラウン・タッカーと出会ったことにより、演奏自体がすこぶる重厚的なものに変化したとも言える。98年に発表したアルバム『デヴィル・ウィズアウト・ア・コース』で、ロック・ファン/ラップ・ファンの両方(といっても白人のみ)から多大な支持を獲得。その名前をマスに轟かせることに成功した。
しかし、彼はラップという表現手段に特にこだわっているようすはなく、01年作『コッキー』、03年作『キッド・ロック』ではラップを見せつつも、カントリー〜近代ロックに大幅にアプローチ。「白いサウンドでメイク・マネーするなら最初からラップすんなよ」とは筆者の言葉ではなく、全ヒップホップ人が心のうちに秘める言葉である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版