>  >  >  > Creedence Clearwater Revival

Creedence Clearwater Revival

(クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル)

グラム・パーソンズを例外とすれば、クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルほどアメリカ音楽に影響を与えたバンドはいないだろう。スワンプ・ロックやカントリー・ロック、ヒルビリー・ソウル、それに南部のR&Bの要素も取り込んだ彼らのサウンドは、他のバンドには出せないユニークなものだった。
67年にカリフォルニア州でジョン・フォガティにより結成されたこのバンドは、ゴリウォッグスという名前で<ファンタジー・レコード>から7枚のシングルをリリースしたが、鳴かず飛ばず。翌年にはクリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルと名前を変え1stアルバムをリリース。荒削りなサウンドのシングル「スージーQ」がリスナーに受け、ヒットを記録した。地理的にサンフランシスコのヘイト・アシュベリー・シーンに近いところにいたCCRではあるが、「フォーチュネイト・サン」などの曲を聴けば彼らが当時流行りのヒッピー・カルチャーに共鳴していなかったことは明らかだ。フォガティが作曲した快活な「ダウン・オン・ザ・コーナー」は、白人男でもファンキーな音楽を演れることを実証するものだった。
バンドは72年に解散したが、フォガティはその後もCCRを継承する曲の数々を作り続けていった。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版