>  >  >  > Andrew Weatherall

Andrew Weatherall

(アンドリュー・ウェザウォール)

UKダンス・ミュージック界の至宝アンドリュー・ウェザーオールは、90年代初頭から半ばにかけて、ハッピー・マンデーズ、ワン・ダブ、ニュー・オーダー、ミート・ビート・マニフェスト、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインといったアーティストのリミックス、プライマル・スクリーム『スクリーマデリカ』(91年)のプロデュースを手掛け、アシッド・ハウス以降のUKダンス新時代を開拓した鬼才である。
彼は70年代、パンク/ニュー・ウェイヴの洗礼を受け、キング・タビーやエイドリアン・シャーウッドのダブ/レゲエに心酔。そして、80年代後期にイギリス全土を襲ったアシッド・ハウス・エクスプロージョンをきっかけにDJ/プロデューサーとして活動を開始し、本格的にダンス・シーンへと参入する。ブラッドシュガー、ボカ・ジュニアーズといったユニットを経て、UKアシッド・トランスの金字塔「Smokebelch」(93年)でテクノ界を震撼させ、『Haunted Dancehall』(94年)で”トリップ・ホップ”の頂点を極めたセイバース・オブ・パラダイスを結成。しかし、95年解散。——その翌年からは、新たにトゥー・ローン・ソーズメンとして、エンジニアのキース・テニスウッドと共にテクノ/ダブ/エレクトロ/ディープ・ハウス/ブレイクビーツ/ドラムン・ベースの最深部を探究。これまで以上に勇猛果敢なエレクトロニック・ダンス・ミュージックの冒険に乗り出している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版