>  >  >  > L.L. Cool J

L.L. Cool J

(エル・エル・クール・ジェイ)

84年に弱冠16歳でデビューして以来、<DEF JAM>レーベルの看板を背負い、シーンのトップを走りつづける”グレイテスト・ラッパー”L.L.クールJ。時代のメインストリーム・サウンドを取り入れた多くのアルバムがミリオン・セラーを達成するという、ヒップホップ界では類をみない記録を誇る。
激しいパワーをみなぎらせた吐き捨てるようなラップで、野郎どものハートをヒートアップ。甘〜く、優し〜く囁くようなラップでは「Ladies Love Cool James(L.L.クールJの正式表記であり、Jamesは彼の本名)」を見事に体現し、女たちの体を火照らせた。”ハード”or”スウィート”といった対照的なラップ・スタイルが、彼の最大の魅力と言える。その魅力はラップ界初のバラードとされている「アイ・ニード・ラヴ」からも如実に窺える。
99年には自身のレーベル<ROCK THE BELLS>を設立し、新人アーティストの発掘にも余念がない。さらに課外活動として、映画『ディープ・ブルー』『エニィ・ギブン・サンデー』に出演、コミカルもシリアスも見事に演じる怪優ぶりを披露してくれた。
そして04年にはティンバランドを全面的に起用した11thアルバム『ザ・デフィニション』をリリースし、その息の長さを世間にアピール。断言しよう。彼ほどシーンの第一線を走り続けているアーティストは他にいない、と。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版