> Bill Enich

Bill Enich

(ビル・エニック)

男気あふれるルックスを含め“現代に甦るキャプテン・ビーフハート”と勝手に命名したい。Tボーン・ステーキのごとき分厚くジューシーなヴォイスが、スペーシーかつアブストラクトなジャンク・サウンドに溶解し、品行下劣なサイケデリア・ワールドを繰り広げている。音源としては、91年にアルバム『Guru of Love』を発表。他に類をみない奇盤だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版