> Fiuczynski’s Headless Torsos

Fiuczynski’s Headless Torsos

()

時にはギター界のエリック・ドルフィーとして拝められるフィークジンスキー。彼はDr. ノウのエネルギーに駆られ、ジミ・ヘンドリックスのサイケデリカとアラン・ホールズワースの技術、その上ソニー・シャーロックの要素を多く取り入れている。ギターは打楽器や不気味な叫びのようなユニークな音を奏でるが、彼のジャズ・ギタリストとしての才能は過小評価できない。スクリーミング・ヘッドレス・トーソズのインストゥルメンタル版であるヘッドレス・トーソズは、フィークジンスキーと同様に多才なメンバーから構成され、パーカッションの音で充満したフュージョンが広がり、ありふれたギター・サウンドを覆すフィークジンスキーのプレイが自由に漂う。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版