> Band Aid

Band Aid

(バンド・エイド)

80年代に世界規模でチャリティ・ブームが起こったことを覚えている人は多いだろう。その火つけ役となったのが、このバンド・エイドである。
時は84年、「哀愁のマンデイ」で有名なブームタウン・ラッツのリーダーであるボブ・ゲルドフは、飢えに苦しむエチオピア人の惨状をテレビで見てショックを受け、チャリティ・プロジェクトを立ち上げることを決意する。ウルトラヴォックスのミッジ・ユーロと共に曲を書き上げ、さまざまなアーティストに参加を呼びかけたところ40名近くの英国スターが集結した(もちろんノー・ギャラ)。ざっと参加アーティストを挙げてみると、U2、デュラン・デュラン、カルチャー・クラヴ、スパンダー・バレエ、ポール・ウェラー、ワム、スティング、フィル・コリンズ……といった錚々たるもの。プロモ・ビデオでも見られた豪華スターのマイク・リレーは、その後のチャリティ・レコードの定番となった。
そしてクリスマス前にシングル・カットされた「Do They Know It’s Christmas?」は英国のみならず世界中で反響を呼び、一大チャリティ・イベント『ライヴ・エイド』を開催するまでに膨れ上がった。04年にこの『ライヴ・エイド』の模様が初めてDVD化され、さらに“Band Aid20”として復活、ナイジェル・ゴッドリッチをプロデューサーに加えて新たに録音した「Do They Know It’s Christmas?」をリリース。参加アーティストはアッシュ、コールドプレイ、ザ・ダークネス、レディオヘッド、U2、トラヴィスら04年のトップ・アーティストが集結している。収益金はスーダンのダルフール地区における飢饉の救済に使われるという。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版