>  >  >  > Rasco

Rasco

(ラスコ)

ヴァリアス・ブレンズでの活動を経て、98年に1stアルバム『タイム・ウェイツ・フォー・ノー・マン』(<STONES THROW>発)を、翌99年には2nd『バースEP』をリリースしたカリフォルニアのソリッド・ラッパー、ラスコ。太い声から繰り出されるそのシブ味たっぷりのライミングは、“燻し銀”という言葉を連想させるものだ。そういったなんとも男クサイ彼の雰囲気が、コアなヒップホップ・リスナーの心までもを一瞬にしてワシ掴みにしたのである。またラスコは、派手な装飾を排除してビートを際立たせた、シンプルでザラついた質感のサウンド群を創出。楽曲のなかにスリリングなストリート的空気感も充満させている。
00年にはプラネット・エイジア(これまたシブイ!)とともにラップ・グループ=カリ・エージェンツを結成。同年には、そのデビュー・アルバム『ハウ・ザ・ウェスト・ワズ・ワン』を発表した(04年にはミニ・アルバム『ヘッド・オブ・ザ・ステイト』もリリース)。さらに、自身が勃興したレーベル<ポケッツ・リンテッド>などからも、何枚かのソロ・アルバムを発表している。デビュー以来ラスコは、信頼するに充分な、硬派な活動を見せ続けている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版