>  >  >  > くるりの情報

くるりの情報

(クルリ)

98年シングル「東京」でメジャー・デビュー。この傑作シングルでセンセーショナルに登場した“くるり”は、続く99年にメジャー1stアルバム『さよならストレンジャー』をリリース。以降、コンスタントに作品リリースを続け、03年には映画『ジョゼと虎と魚たち』の全編に渡る音楽監修を務め、テーマ曲「ハイウェイ」を収録したサウンドトラックを発表。

05年、京浜急行電鉄テーマソングとしてTVCMで使用された16thシングル「赤い電車」を発売。また、同年、vo.岸田繁、b.佐藤征史がCocco、堀江博久、臺太郎と共にSINGER SONGERを結成。デビューシングル「初花凛々」やアルバム『ばらいろポップ』を発売するなど話題を集めた。

06年、初のベストアルバム『ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER』を発表。全国のZEPP全てをまわるワンマンライブツアーを敢行。さらに同年、サポートドラマーに菊地悠也を迎え、翌年1月には大村達身がバンドを離れるも、すぐに邦楽ロックバンドとしては史上初の試みとなったウィーンレコーディングを敢行、パリでMix作業を行う。

07年より、くるり主催の野外フェス「京都音楽博覧会」をスタートさせ、大成功を収めた。翌年には第2回目が開催され、今や夏に欠かせない人気の野外イベントとなっている。09年第一弾シングル「三日月」が初のドラマ主題歌に起用され、6月からは3年半ぶりとなる日本武道館を含むワンマンライヴツアー「敦煌-ドンファン-」を行う。

くるりの記事
くるり、Mr.Childrenらが雨の中で“名演”見せた『京都音博』 兵庫慎司が全アクトをレポート
くるりの楽曲を形作る、不変のメロディセンスとコード感覚ーーベスト収録曲を改めて紐解く
くるり、『チミの名は。』札幌公演追加発表 「琥珀色の街、上海蟹の朝」MV&公募動画も公開
くるりの書籍『くるりのこと』、岸田&佐藤インタビューやファンファン、森信行らコメント掲載
くるり、ベスト盤リリースツアー『チミの名は。』開催決定 FCチケット先行予約スタート
くるりのベスト盤に感じた、音楽を生み出すことへの真摯さーー9月14日発売の注目新譜5選
KinKi Kids 堂本光一、HKT48新センター松岡はなについて「我々の娘でもおかしくない……」
くるり、今夜放送の『Mステ』に結成当時のメンバーで出演 デビュー曲「東京」を披露
くるり、LINE LIVEでMV特番放送決定 同日Mステ披露の「東京」など新旧人気曲を紹介
くるり、バンド結成日にオリジナルメンバーでスペシャルライブを生配信
くるり、BUMP、アジカン……それぞれのアニバーサリーイヤーの動き
くるりの「琥珀色の街、上海蟹の朝」に隠されたメッセージ オフィシャルインタビューから分析
くるり、20年の歴史を網羅したオールタイムベスト発売 お蔵入りになった「ハイウェイ」も復活
ドリカム『ウラBEST』に見る音楽的奥行き J-POPフォーマットを逸脱したヒット曲も
くるり「琥珀色の街、上海蟹の朝」はシティ・ポップへの批評? バンドの現在地を追う
くるり主催『京都音楽博覧会2016』にTété、矢野顕子、Mr.Childrenら5組出演決定
くるり、ウィーンアンバサーデオーケストラとのコラボライブ『NOW AND 弦』開催を発表
くるり『アンテナ』『ジョゼと虎と魚たち』は、2016年に演奏されることを待っていた
くるり 岸田繁、「京都市交響楽団」へ交響曲を書き下ろし 12月に京都で初演
くるり、新曲「上海蟹」含む新EPリリース発表 初回盤には3rd・4thアルバム再現ライブ音源収録
くるり、『京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園』開催 「気付けば10年、素晴らしい音楽の祭典に」
「ビクターロック祭り 〜2016〜」がオーディエンスに与えてくれた“楽しさ”
くるり、Apple Musicにてプレイリストを公開 日本人アーティストによる初の選曲に
くるり、新曲「かんがえがあるカンガルー」配信スタート 全310曲のストリーミング配信も一挙開始
『ビクターロック祭り2016』タイムテーブル発表 ヤバイTシャツ屋さん、kikiが追加出演へ
くるり、『NOW AND THEN vol.3』開催決定 今回は5thアルバム『アンテナ』を再現
「ビクターロック祭り2016」、第一弾出演アーティストを発表 サカナクション、Dragon Ash、レキシらが出演
くるりが『TEAM ROCK』『THE WORLD IS MINE』再現ライブで展開した2015年のサウンド
Mr.Childrenの対バンツアーに期待すること 枯れることのない“未完の大器”はどこに向かう?
クラムボン・ミト、サカナクション、くるり岸田……バンドマンが手掛ける劇伴、それぞれの特徴とは?
くるり主催『京都音博』全ステージレポート 9回目を迎えた同フェスの「得難さ」とは?
くるり、岸田 繁と大澤健太郎の両監督による「ふたつの世界」オリジナルVer.MV公開
くるり、『境界のRINNE』の高橋留美子が手がけた新シングルジャケット公開
くるり、新曲「ふたつの世界」明日から先行配信開始 CD初回盤にはアルバム再現ライブの音源も
矢野顕子、新作にくるり岸田・tofubeats・Seihoら参加 YMO・はっぴいえんどカバー収録も
くるり、キュウソネコカミら共演 『MUSIC TAGS vol.3』初日公演レポート
『ビクターロック祭り 2016』バレンタインデーに千葉県・幕張メッセ国際展示場で開催決定
くるり、アルバム再現ツアー第2弾開催へ 期間限定でプライスオフセールも
日本人は「演歌のリズム感」から脱却したか? コンサートの手拍子について考えた
くるり主催イベント『京都音楽博覧会』9年目開催へ indigo la End、ましまろ、八代亜紀ら出演
くるり・岸田繁とOKAMOTO’Sが語る、ビートルズとポール・マッカートニーが次世代に残したもの
くるりに通底するメロディーの美しさと強靭さ バンドの過去と現在をつなぐ映像作品を観る
くるり・岸田 繁のソロ第2弾『岸田 繁のまほろ劇伴音楽全集』リリース決定
ミスチル、くるり、サカナクション、TM NETWORK…ハイレゾ音源が増えている背景とは?
くるり、映像作品 『THE RECORDING』&『THE PIER LIVE』リリース決定
くるり、コンセプトライブ「NOW AND THEN」第1弾チケット先行販売へ プライスオフセールも
くるりは実験性と大衆性のバランスをどう取ってきたか 『くるりとチオビタ』に見る岸田繁の作家性
くるり、『THE PIER』からのリカットシングルと『チオビタ』企画アルバム発売決定
ポルノグラフィティ、新曲MVで歌う“大人の恋“ 女性たちのコレオグラフが描くものとは?
タコツボ化時代に生まれた奇跡の生命体――くるり新作の音楽的背景を岡村詩野が分析
くるりの傑作『THE PIER』はいかにして誕生したか?「曲そのものが自分たちを引っ張っていってくれる」
”ナノムゲン”第2弾アーティスト発表 くるり、レンタルズ、NICO、グドモら追加
スリップノットがフェス開催決定 日本における“アーティスト主導フェス”の役割とは?
MONKEY MAJIK、Rake、HY......2大出身地は仙台と沖縄? 地元在住アーティストたちの今
石川さゆり&椎名林檎で改めて注目 演歌とポップミュージックのコラボ史
OKAMOTO’Sコウキが問題提起 音楽のルーツとはどう向き合うべき?
ポール・マッカートニー日本公演が終了 ミュージシャン、ファンの感激ツイートまとめ
KinKi Kidsと嵐が「パンツ事件」を熱く語る 『Mステ』で7年ぶりに共演
くるりが『MUSIC JAPAN』でウワサの名曲を披露 
くるり岸田、アジカン後藤、KREVA…「ナナロク世代」がフェスを主催する理由
本日ライジングサン出演! くるりが歌う震災後のメッセージソング
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版