>  >  >  > 秋元順子

秋元順子

(アキモトジュンコ)

歌手生活の始まりはハワイアンバンドであるが、スタンダードジャズやシャンソン、カンツォーネ、ラテン、ポップス、民謡、歌謡曲…などジャンルを問わず幅広くライブ活動をする中、デビュー曲「マディソン郡の恋」と出会い04年4月にインディーズで発売。映画「マディソン郡の橋」をモチーフにした切ない大人の恋物語を、ルンバのリズムにのせた哀愁溢れるアレンジと、秋元順子の伸びやかで心に沁みる歌声が一度聞いたら忘れられないと大評判に。インディーズ発売直後から口コミで広がり、有線問い合わせランキングで連続1位になり、05年7月、58歳でメジャーデビュー。
従来の歌謡歌手の中にあって“ありそうでなかった”魅力ある中低音の情感溢れる歌声が中高年を中心に圧倒的に支持される。そんな中で08年1月に発表された「愛のままで・・・」は、大人の愛を歌いあげる秋元順子の真骨頂といえるナンバー。ポップスでも演歌でもない彼女の音楽はマチュア世代(40代以降の成熟した大人)へ向けた歌謡の新たな潮流として注目され、08年「第59回紅白歌合戦」に女性歌手としては歴代最高齢での初出場を果たす。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版